フォトブックとは?

フォトブックというとアルバムをイメージしますが、この場合のフォトブックはネット上にデータを保存し、コンビニにあるマルチコピー機からプリントアウトしてアルバムを作るというサービスのことを意味しています。アプリがあれば簡単にデータを登録できますし、印刷したい分だけ選べるなど利便性の高さも魅力です。

プリントアウトできるのは、文書と画像の両方です。子供の学校行事で撮った写真や、その時あった出来事をメモにとっておきたい時は、パソコンやスマホに保存しておけます。それを手に取って見たい時は、プリンターがあればプリントアウトできますが、プリンターがないとそれができません。コンビニまで行く必要はありますが家にプリンターがない人でも、気軽に子供の学校行事の思い出をフォトブックにすることができると、いま大変注目されているサービ。

子供の学校行事の時は、たくさん写真を撮ります。今はフィルムではなくSDカードにデータとして保存しておけば、いつでも好きな時にパソコンやスマホで写真を確認できます。保存できる量もかなり多いので、毎回写真屋にフィルムを持って行き、現像してもらうという手間もかかりません。しかし写真をアルバムにして手元に残しておきたい場合は、SDカードのデータをプリントアウトしなければいけません。そういった手間や面倒を省き、手軽にフォトブックにするのが今のスタイルです。コンビニで簡単に操作できるのもポイントです。

ちなみに、こうしたサービスは様々な種類があります。最近ではフォトブックサービスの「しまうまプリント」のように、スマホさえあれば専用のアプリをダウンロードしてフォトブックが作成できる簡単サービスもあり、枚数やサイズが好きに調節できるので、忙しい人にはかなり便利になっています。

今回はコンビニを使ってのサービスの説明をしていきますが、先ほど説明したようにフォトブックサービスには業者によってもシステムが変わりますのでしっかりとメリットデメリットを確認して自分に合ったところを選んでくださいね。